top of page
  • 執筆者の写真田畑秀人

『詳細な現場調査=家の健康診断』

みなさん、こんにちは。


蒸し暑い日が続いておりますが皆さんいかがお過ごしでしょうか?

リノベーション事業部の田畑です。

さて今回のブログはリノベーションを具体的にお考え頂いているお客様へ実施しております、『詳細な現場調査=家の健康診断』の内容をご紹介します。

5月にリノベモデルがグランドオープン し、大変ありがたい事に多数のお客様にご来場いただき、現在、リノベーションのご提案を複数のお客様へ行っております!!


【詳細な現場調査=家の健康診断】

そのご提案の中で、当社ではファーストプランランニング(簡易的な間取りプランや工事時期、ご計画の概算総額など)のお話をさせて頂き、具体的なプランニング(パースなどを使用した具体的な間取りプランや具体的な資金計画書)へ進むお客様には、リノベーションをお考え物件の『詳細な現場調査=家の健康診断』を実施しております。


【現場調査の内容】

『現場調査』の内容としましては、『床下調査』白蟻被害が無いか、給排水配管から水漏れが無いか、床下木材や空間の湿気の状況、内部基礎の亀裂が無いか、『基礎・外壁調査』外部基礎や外壁に亀裂(クラック)の有無や亀裂の幅、『小屋裏調査』天井裏を確認し、筋交い(すじかい)と言われる家を補強している部材が図面通りに入っているか、柱や梁(はり)と言われる家を支えている材料がどの様に接続されているか、家が斜めになっていないかを計測するため『レーザー』と言われる機械で柱や床の傾きを計測したりと、かなりしっかりとした『詳細な現地調査=家の健康診断』を実施いたします!


【床下調査報告書の一部】

【建物の亀裂調査や部材の剥離調査】

【小屋裏調査やレーザーによる傾斜調査】

【現場調査の目的】

現場調査の大きな目的としましては、詳細な調査内容を反映させた『耐震診断=現在のご自宅がどのくらい地震に強いか』を正確に診断する事や、リフォーム、リノベーション工事でお客様が1番不安になられる『着工後の追加工事費用=解体後の白蟻被害や木材のくされなどによる工事費用の増加』をできる限りご契約前のお見積りに反映できるように『詳細な現地調査』を実施し、通常であれば解体後にしか判明しない、白蟻被害や木材のくされを予見しご契約前のお見積りに反映させ、より具体的な工事金額にてご提案し、少しでもお客様にご安心頂く事が大きな目的となっております。


リノベーションをお考えのお客様、まずは熊本市北区清水新地7丁目にある【グッドリノベモデルハウス】へご来場いただき、実際にリノベを行った物件をご体感頂き、ご計画時には『詳細な現地調査=家の健康診断』を行う、グッドリノベに是非、お声がけ下さい!

【グッドリノベモデルハウス】のご来場予約をお待ちしております!!






Comentarios


bottom of page